確実に「やる気・モチベーション」をアップさせる人材育成術

トップページ>やる気・モチベーション

確実に「モチベーション」をアップする

部下のやる気やモチベーションのアップは、指導や育成にあたる上司には必ず関係してくる課題です。どのようにすればやる気・モチベーションはアップするのか?部下の自発的なやる気の向上をただじっと待っていたり、報酬や給与などでモチベーションを引き上げようとするよりも、まず、今の状況で何かできることはないのか?派手な方法ではないですが、確実に成果を上げる方法は必ず役に立ちます。

仕事の原動力

部下のやる気・モチベーションがアップすることは、上司にとってこの上なく頼もしいことです。 モチベーションのアップは、自発的な仕事への意欲を生み出し、仕事をするうえでの原動力となりえます。 これらを高めるために、上司は様々なアクションを起こし、働きかけを行い、努力をしているようです。


しかし、頑張って努力しているつもりが、実は、まったくの的外れだった・・・、いまいち成果が出ない・・・ ということが実は多々現実に起こっています。 サボテンに毎日必死に大量の水をあげて、腐らせているようなものです。 これではせっかくの努力が水の泡です。 そうならないためにも、 確実に働きかけることが必要です。


そもそも、やる気・モチベーションとはどのようにして起こるものなのでしょうか? 実はこのもっとも当たり前のようなことを理解できているかどうかで、 上司の、部下に対するアクションに大きく差が出ます。


あなたは部下の指導にて、これらがどのように発生しているか理解できていますか? 相手を褒めたり、仕事を与えたり、役職やポジション、給与アップ・・・ などのアクションを起こす前に、発生の仕組みを理解し、どのような働きかけをすることが有効なのかをしっかり確認しましょう

確実に向上させるマネジメント術

上司にとって、 部下のやる気・モチベーションというものは数値化できないため、 非常に管理が難しいものです。 いつ、どんな時に、どのようなことで、それらが向上するのか・・・ それが分かれば、こんなに楽なことはありません。 しかし、もしそれが分かれば非常に管理や働きかけはし易くなります。


野球でピッチャーがどこにどんな球を投げるのか?  ストレートなのか、カーブなのか? ど真ん中か?外角か?内角か?  高めか?低めか?   分からないから打つのは難しい。 でも、ど真ん中にストライクが来ると分かっていれば、 打つのは比較的簡単になるはずです。 学生時代のテストを思い出してください。同じことが言えます。 テストでどの問題がでるかわからないから難しい。 逆に出題される問題がわかれば、そこだけ勉強すればいいのですから、 テストでいい点数を取るのは比較的簡単なはずです。


部下のやる気・モチベーションをアップするために働きかける際、 通常は数値化できない、見えないものを、 見えるようにすることが大切です。 やる気・モチベーションがアップする仕組みを理解して、 それが、いつ、どこで、 どのようにして起こるするのか知り、 そこに対して適切なアクションを起こすことが、もっとも確実な方法です。


テストで何がでるのかわからずに、一生懸命に隅々まで勉強しつくすよりも、 どんな問題が出題されるのか、傾向をリサーチして、そこをしっかり勉強するのが、人材育成にも効果的だということです。


>> 仕事に強い部下を育てる「効果的な仕事の教え方」

>> 確実に「やる気・モチベーション」をアップする

>> 部下の心をつかむ「コミュニケーション」とは

>> 部下を育てる「叱り方」 伸ばす「ほめ方」の秘訣

>> 組織力アップを引き出す「チームワーク」の仕掛け



  • 部下育成の効果的な方法を学ぼう