組織力アップを引き出す「チームワーク」向上の仕掛けとは

トップページ>チームワークとリーダーシップ

可能性を引き上げる組織力アップの仕掛け

複数の部下を抱える上司や管理職、リーダーのためになる、チームワーク向上のための仕掛けについて考えたいと思います。上司がチームワーク向上のために出来ることとは何か? また、望まれるリーダーシップとはどのようなものか?どう発揮していくべきなのかについても述べたいと思います。

上司・指導者・管理者のリーダーシップ

上司や指導者、管理者は、一度くらいは「リーダーシップ」というものを意識したことがあるのではないでしょうか?一般的に部下を引っ張り、先頭にたって導くような指導者をリーダーシップのある人だという認識があるかとも思いますが、一言で「リーダーシップ」といっても、実は様々なタイプが存在し、後ろから部下をバックアップしていきながら、部下を導くものもあれば、ある程度任せて見守ったりするタイプもいたり・・・などその上司や指導者などによって そのタイプは様々で、ケースバイケースというのがその本来の姿です。


そして、リーダーシップはその上司のの天性のものだったり、 もともと備わった資質などが大きく影響すると思っている人が多いと思います。 実際に、リーダーの性格や資質に左右される部分もあるのも事実ですが、 上司や指導者などのリーダーにとって組織力アップに必要なリーダーシップも、 性格や資質に頼っていては、人によって出来る、出来ないということになってしまいます。 これでは、会社や職場という組織のなかで、 そのリーダーシップが安定することはありません。 ましてや、人が入れ替わればその能力は大きく変わってしまい、部下や一緒に働く人はその力によって、 発揮する能力や、やる気・モチベーションなども大きく変わってきます。


MIAKTA-CONNECTでは、 「誰にでも出来る」ということを基本方針として掲げています。 そうでなければ、意味がないからです。 その観点から、 本当のリーダーシップは その上司の仕事や、部下の指導や育成の過程で形成されていくものであり、 その過程に力を注ぎ、性格や才能、資質などの「人間力」に頼らない リーダーシップ が必要だと考えます。


「私がリーダーだ」と自らが引っ張り、先導し、主張して得るリーダーシップではなく、部下の指導や人材育成などの仕事の過程で、自然と周りから リーダーだと思われることのほうが大切だということです。

チームワーク向上の可能性を仕掛ける

会社や職場という組織において、チームワークの向上はとても大切なものです。 その良し悪しは、仕事の成果にも影響を与えることでしょう。 上司は、チームワーク向上のために、 度重なるミーティングを実施したり、仕事外での食事や活動などに力を注でみたり・・・ などなど様々な苦労と努力をしている方もたくさんいらっしゃいます。


しかし、そこで働く人にはそれぞれに個性があり、 育ってきた環境や異なった性格があり、また人と人との相性の良し悪しなどもあるため、なかなか上手くチームワークが良く機能しないことも多々あります。 では、どう改善していくべきなのか。


これも、リーダーシップなどと同じく、 「人間力」に頼らない部分で改善していくべきだと考えます。 人と人との相性などに任せていては、一向に安定しません。 仕事の範囲やポジションなどを見直し、コミュニケーションなどに仕掛けを行い、仕事でのチームワークが向上する可能性を探って、人に頼らない改善を考えるべきです。 もちろん、チームワークはそれぞれの人の相性であったり、人間力にも影響される部分もあるので、それですべてが良くなるわけではないかもしれませんが、向上の可能性を少しでも上げるキッカケを作るには、 このような方法が一番望ましいと思います。


仲が良いだとか、悪いだとか、合う、合わない、という問題と、仕事でのチームワークの良し悪しは 別のものだと考えなければなりません。 肝心なのは、チームワークや組織力をアップするための 仕組みや仕掛け作りが上司の役割だということです。 その環境を用意できるのは部下ではなく、上司や経営者だけなのですから。


>> 仕事に強い部下を育てる「効果的な仕事の教え方」

>> 確実に「やる気・モチベーション」をアップする

>> 部下の心をつかむ「コミュニケーション」とは

>> 部下を育てる「叱り方」 伸ばす「ほめ方」の秘訣

>> 組織力アップを引き出す「チームワーク」の仕掛け