その②~失敗しない人材育成の「3つのポイント」とは?

「3つのポイント」

人材育成や部下の指導における「上司が抱える5つの問題点」にて原因はわかりました。では、一体どのようにすれば安定して成果を出す指導や失敗しない人材育成が実現できるのか?そのための大切な3つのポイントを解説いたします。

誰にでも出来ること

まず、ポイントとして、誰にでも出来ることが最重要です。 誰にでも出来ると言ったら極端かもしれませんが、 極力なるべく誰でも出来る手法や方法でなければならないということです。 部下の指導や人材育成には、 もちろんその行為を担う上司の能力が関係していることは事実です。 上司のリーダーシップ、コミュニケーション、説得力、管理能力、性格・・・ などがその能力にあたります。 実際に、これらは上司に求められる能力であることに違いはありません。


しかし、【部下の指導・人材育成の5つの問題点】にもあったとおり、個々の能力は違うのが当然であり、その問題点を考えると、これらの能力に頼りきった方法はあまり望ましくありません。 指導する上司ひとりひとりによってその能力は異なるということは、 その異なった能力で部下を育てたり、教えたりした場合、その成果も大きく異なってくるからです。


これでは、会社という組織や、あなたのチームのなかで いつまでたっても部下や社員、スタッフの指導・育成が安定することはありません。そして、教える側も教わる側も人が入れ替わるたびに莫大な時間と手間がかかります。 また、これらの能力を高める、習得するには非常に時間と労力がかかります。 これらははちょっとやそっとの時間と労力で得られるものではありません。 それは当然のことです。 この能力はあなたが今まで生きてきた中で経験したことや学んだことで 形成されているもので、 今後もさまざまな経験や体験、学びによってこれらは高まっていくものだからです。


もちろん部下にも同じことが言えます。 仕事が超デキる一部の上司に実行できても、それをあなた(上司)が出来なければ意味がないのと同じように、 あなたが出来たとしても、あなたの部下が同じようにまたその部下を教育・育成したり出来なければ意味がありません。 あなただけでなく、部下が出来なければ、あなたは延々ずっと教え続け、育て続けなければならず、永遠に負担は減りません。キツくなる一方です。 出来る人だけが出来る方法では意味がないのです。


これらのことを考えると、 安定した指導や、確実に効果・成果をだすために大切なことは、上司、または部下の能力の向上だけではなく、その能力だけに頼らない、ある程度誰にでも出来るような仕組みや仕掛けといった方法が必要なのです。

実際に効果があること、実践で使えること

5つの問題点~その④】でも述べましたが、 人材育成や仕事の教え方に関する様々なノウハウや方法、書籍などは数多く存在します。 例えば・・・

   ・上司が覚えておくべき15の褒め言葉

   ・部下一人ひとりに働きかける

   ・部下と情報を共有する

   ・叱らず褒めて伸ばす

   ・普段からコミュニケーションをとり、協力関係を構築する

・・・などなど、実際によくあるようなことです。


しかし、実際にこれらを駆使して取り組んだ場合、

   ・仕事の現場で、15の褒め言葉が場面に応じてとっさに出てくるものでしょうか?   

   ・たくさんの部下それぞれのタイプやレベルに応じて違った働きかけが簡単に出来るでしょ

    うか?

   ・どうやって情報を共有していけばいいのでしょうか?    

   ・叱らず褒めるだけで果たして部下は成長するのでしょうか?     

   ・普段からのコミュニケーションがとれないのですが・・・

・・・といったことが実際によくあるのではないでしょうか?


部下の育成や指導に直面する最前線の現場において そう簡単に実践できることではありません。

また、人間は一度に多くのことを意識しながら状況に応じて使い分けることは非常に困難です。


多くは机上の理論で終わっていて、実際の現場では効果を発揮していない、使える段階まで落とし込めていない・・・という現実があるようです。 そして、実践で使えなければ、効果もあるはずもありませんし、 果たして実践したとして、効果があるのかどうかもわかりません。


これらを考えると、実際の部下育成や指導の現場では、 実際に効果のあるもの、使えるものに絞って効果的に部下を育てることが望ましいと言えます。 書籍を何十冊も読んで、セミナーを受講して、いくら知識を得ても、 それが実行できなければ、効果がなければ意味がないのです。 知識を得るだけで満足しては意味がありません。 それらを実行して成果をあげることに意味があるのです。



こららが成果を出すための大きな3つのポイントです。もちろんこれだけですべてが良くなるわけではありませんが、安定して成果を出していく、または確実に効果を上げるのに欠かせない要素であることは確かです。 溢れる情報の中から、本当に使える、出来る、ものを選ぶ際には是非この3ポイントを意識してピックアップしてください。


では、その3つのポイントを踏まえた実際の育て方や教え方を詳しく見ていきましょう。


>> 仕事に強い部下をつくる「効果的な仕事の教え方」

>> 確実に「やる気・モチベーション」をアップする

>> 部下の心をつかむ「コミュニケーション」とは

>> 部下を育てる「叱り方」部下を伸ばす「ほめ方」

>> 組織力アップを引き出す「チームワーク」の仕掛け